C++20 の新機能

C++20 の変更すべてをカバーするために、項目追加・執筆作業中です(完成度 約 30%)

言語機能

ビットフィールドにデフォルトの初期値を設定可能に (P0683R1)

ビットフィールドにおけるビット幅の指定に続いて、= 演算子または {} 初期化子を使って初期化式を記述できるようになります。

#include <iostream>

enum class Terrain : unsigned char
{
    Open, Forest, Hill, Mountain, Desert, Tundra, River, Ocean
};

struct Tile
{
    unsigned char height : 4 = 1; // デフォルト値を 1 に
    Terrain terrain : 3 = Terrain::Open; // デフォルト値を明示的に Terrain::Open に
    bool passable : 1 = true; // デフォルト値を true に
};

int main()
{
    std::cout << std::boolalpha;

    Tile tile1;
    std::cout << static_cast<int>(tile1.height) << ", " << static_cast<int>(tile1.terrain) << ", " << tile1.passable << '\n';

    Tile tile2{ 15, Terrain::Mountain, false };
    std::cout << static_cast<int>(tile2.height) << ", " << static_cast<int>(tile2.terrain) << ", " << tile2.passable << '\n';
}
1, 0, true
15, 3, false

メンバポインタ演算子の仕様を一貫性のために修正 (P0704R1)

C++17 までのメンバポインタ演算子 .* は「右辺値オブジェクトから、左辺値参照修飾されたメンバ関数ポインタに使うことは不適格」という規格文面になっていました。そのため、同じ意味をもつ次の 2 つのプログラムで後者だけ不適格とされ、一貫性がありませんでした。

#include <iostream>
#include <string>

struct Text
{
    std::string m_data;

    const std::string& get() const &
    {
        return m_data;
    }
};

int main()
{
    std::cout << Text{ "Hello" }.get() << '\n'; // OK

    std::cout << (Text{ "Hello" }.*&Text::get)() << '\n'; // C++17 までは不適格、C++20 から OK
}
C++20 では「右辺値オブジェクトから、左辺値参照修飾された "非 const" メンバ関数ポインタに使うことは不適格」と文面を修正し、後者もコンパイルできるようになります。

符号付き整数型の負数表現を 2 の補数と規定 (P1236R1)

ほぼすべての現代的なコンピュータで、符号付き整数型の負数は 2 の補数で表現されます。しかし、C++ では負数の表現方法について規格で定めていなかったため、(現実的ではありませんが)2 の補数以外で負数表現を実装する余地も残されていました。C++20 からは 2 の補数のみを許可するよう規格文言が修正されました。
近年のアーキテクチャで 2 の補数以外を使う例は、1 の補数を使う Unisys 2200 があります。また過去には符号と絶対値で表現するアーキテクチャもありました。これらはモダンな C++ を開発環境として使用しないので、この規格変更による影響は無いと考えられます。

(参考)符号付き 8-bit 整数の 2 進表現

10 進表現 2 の補数 1 の補数 符号と絶対値
127 01111111 01111111 01111111
126 01111110 01111110 01111110
125 01111101 01111101 01111101
2 00000010 00000010 00000010
1 00000001 00000001 00000001
0 00000000 00000000 00000000
-0 11111111 10000000
-1 11111111 11111110 10000001
-2 11111110 11111101 10000010
-126 10000010 10000001 11111110
-127 10000001 10000000 11111111
-128 10000000

メンバのオブジェクトが空のクラスの場合にメモリ消費を 0 にできる [[no_unique_address]] 属性を追加 (P0840R2)

アロケータなどをクラスのメンバとして保持するとき、それがステートレスな空のクラスであってもオブジェクトのアドレスを一意に用意しないといけないため、サイズを 0 にできずメモリ消費が無駄に増えてしまう問題がありました。

#include <iostream>

struct Empty {};

struct X
{
    int i;
    Empty e;
};

int main()
{
    std::cout << sizeof(X) << '\n'; // 4 より大きい
}
これを回避するために「空の基底クラスは最適化によってサイズ 0 にしてよい」という仕様を利用した Empty Base Optimization (EBO) というテクニックがあり、標準ライブラリでも std::unique_ptrstd::shared_ptr, std::vector などに使われています。
#include <iostream>

struct Empty {};

struct X : public Empty
{
    int i;
};

int main()
{
    std::cout << sizeof(X) << '\n'; // 4
}
しかし、これらのクラスで継承による EBO を実装するとコードが複雑になるという欠点がありました。C++20 ではメンバの宣言に [[no_unique_address]] 属性を付けることで、継承を使わなくてもコンパイラが EBO と同じような最適化をできるようになり、従来の継承による EBO を使っていたコードを、より単純なコードに置き換えられます。
#include <iostream>

struct Empty {};

struct X
{
    int i;
    [[no_unique_address]] Empty e;
};

int main()
{
    std::cout << sizeof(X) << '\n'; // 4
}

型名であることが明らかな文脈で typename を省略可能に (P0634R3)

C++17 で依存名が型である場合に typename を付けないのは、派生クラス定義時の基底クラスの指定と、初期化子リストでの基底クラスの指定のみでした(厳密にはこの 2 つには typename を付けられません)。C++20 では、型名しか使えないさらにいくつかの文脈で typename が省略可能になります。次のサンプルコードの左右タブで比較できます。

#include <vector>
#include <string>

template <class T, class Alloc = typename T::allocator_type>
struct S : T::value_type // 派生クラス定義時の基底クラスの指定
{
    using value_type = typename T::value_type;

    S()
        : T::value_type() {} // 初期化子リストでの基底クラスの指定

    typename T::size_type max_size() const;

    auto data()->typename T::pointer;

    auto min_size() const
    {
        return static_cast<typename T::size_type>(0);
    }
};

template <class T> typename T::size_type MaxSize();

int main()
{
    S<std::vector<std::string>> s;
}
#include <vector>
#include <string>

template <class T, class Alloc = T::allocator_type> // OK
struct S : T::value_type // 派生クラス定義時の基底クラスの指定
{
    using value_type = T::value_type; // OK

    S()
        : T::value_type() {} // 初期化子リストでの基底クラスの指定

    T::size_type max_size() const; // OK

    auto data()->T::pointer; // OK

    auto min_size() const
    {
        return static_cast<T::size_type>(0); // OK
    }
};

template <class T> T::size_type MaxSize(); // OK

int main()
{
    S<std::vector<std::string>> s;
}

定数式での仮想関数呼び出しが可能に (P1064R0)

コンパイル時に決定可能であれば、参照やポインタを通した仮想関数の呼び出しを constexpr にできるようになります。constexpr 修飾された仮想関数を非 constexpr 関数でオーバーライドすることや、その逆も可能です。

struct Cpp
{
    virtual int version() const = 0;
};

struct Cpp17 : Cpp
{
    constexpr int version() const override
    {
        return 17;
    }
};

struct Cpp20 : Cpp
{
    constexpr int version() const override
    {
        return 20;
    }
};

constexpr int GetVersion(const Cpp& a)
{
    return a.version();
}

int main()
{
    constexpr Cpp17 cpp17;
    constexpr Cpp20 cpp20;

    static_assert(GetVersion(cpp17) == 17);
    static_assert(GetVersion(cpp20) == 20);
}

type_iddynamic_cast が constexpr に (P1327R1)

dynamic_casttype_id が、例外を投げるケースを除いて constexpr になります。

#include <typeinfo>

struct Cpp
{
    virtual int version() const = 0;
};

struct Cpp17 : Cpp
{
    constexpr int version() const override
    {
        return 17;
    }
};

struct Cpp20 : Cpp
{
    constexpr int version() const override
    {
        return 20;
    }
};

int main()
{
    constexpr static Cpp17 cpp17;
    constexpr const Cpp* pCpp = &cpp17;
    constexpr auto& cpptype = typeid(*pCpp);

    constexpr const Cpp& refCpp = cpp17;
    constexpr const Cpp17& redCpp2 = dynamic_cast<const Cpp17&>(refCpp);
}

次のように例外を投げるケースでは constexpr にできずコンパイルエラーになります。

#include <typeinfo>

struct Cpp
{
    virtual int version() const = 0;
};

struct Cpp17 : Cpp
{
    constexpr int version() const override
    {
        return 17;
    }
};

struct Cpp20 : Cpp
{
    constexpr int version() const override
    {
        return 20;
    }
};

int main()
{
    constexpr Cpp* pCpp = nullptr;
    constexpr auto& cpptype = typeid(*pCpp); //コンパイルエラー: 例外 std::bad_typeid を投げるため constexpr 不可

    constexpr static Cpp17 cpp17;
    constexpr const Cpp& refCpp = cpp17;
    constexpr const Cpp20& redCpp2 = dynamic_cast<const Cpp20&>(refCpp); // コンパイルエラー: 例外 std::bad_cast を投げるため constexpr 不可
}

定数式において共用体のアクティブメンバの切り替えが可能に (P1330R0)

共用体のアクティブメンバとは、最後に初期化または値を代入したメンバのことです。C++17 では共用体の初期化やアクティブメンバへのアクセスを定数式で行えましたが、アクティブメンバの切り替えはできませんでした。定数式でのアクティブメンバの切り替えが可能になると、共用体によって実装される std::stringstd::optional などの標準ライブラリクラスのメンバ関数の constexpr 対応を拡充できます。非アクティブメンバへのアクセスは未定義動作なので、定数式で行うとコンパイルエラーになります。

#include <cstdint>

union Value
{
    float f;
    std::uint32_t i;
};

constexpr Value GetFloat(float x)
{
    return Value{ x }; // value.f がアクティブメンバ
}

constexpr Value GetUint(std::uint32_t x)
{
    Value value = GetFloat(0.0f); // value.f がアクティブメンバ
    value.i = x; // value.i がアクティブメンバに
    return value;
}

int main()
{
    static_assert(GetUint(123).i == 123);
}

定数式の文脈では try-catch を無視するように (P1002R1)

これまで constexpr 関数の中には try-catch ブロックを書くことができませんでした。しかし、std::vector 等のコンテナを constexpr 対応するにあたっては、この制限が障壁となるため、C++20 では constexpr 関数の中の try-catch は、定数式として評価されるときには無視するよう仕様が改められます。定数式の評価中に例外を投げるようであればコンパイルエラーになります。std::vector などを constexpr 対応させるための措置であり、将来の C++ におけるコンパイル時例外処理の実現を否定するものではありません。

#include <cstdint> 
#include <iostream> 
#include <exception> 

constexpr std::uint32_t AddU8(std::uint32_t a, std::uint32_t b)
{
    if ((a + b) >= 256)
    {
        throw std::exception{};
    }

    return a + b;
}

constexpr std::uint32_t DoubleU8(std::uint32_t n)
{
    try
    {
        return AddU8(n, n);
    }
    catch (const std::exception& except)
    {
        return 0;
    }
}

int main()
{
    static_assert(DoubleU8(123) == 246); // OK: 例外を投げずに定数式として評価可能

    //static_assert(DoubleU8(200) > 0); // コンパイルエラー: 定数式として評価される constexpr 関数内で例外を投げるため

    std::cout << "result: " << DoubleU8(200) << '\n'; // OK: 実行時に評価される関数で例外が発生する
}

添字式にかかるコンマ演算子の使用を deprecated に (P1161R3)

これまで array[x, y] というコードでは、コンマ演算子の作用で y が添字演算の引数として渡されました。しかし、この挙動は紛らわしく、将来の C++ 標準ライブラリに多次元配列クラスが実装されたとき、添字演算子を複数の引数に対応させるような規格を追加するうえでの障壁にもなります。そのため、C++20 から、array[(x, y)] のように括弧を使用する場合をのぞき、添字式にかかるコンマ演算子の使用が deprecated になります。古いコードで deprecated な書き方をしていた場合、前述のように () を付けることで、コードの挙動に影響を与えずに移植が可能です。

#include <vector>

int main()
{
    std::vector<int> v(10);

    int index = 0;

    v[++index, 0] = -1; // C++17 まで OK, C++20 から deprecated

    v[(++index, 0)] = -1; // OK
}

スコープ付き列挙型に対する using 宣言ができるように (P1099R5)

これまでは、enum class のスコープ解決を省略する方法が無く、次のような switch で、列挙型の名前が何度も登場するようなコードを書く必要があり、読みにくく、長い列挙型の名前が避けられる原因になっていました。

#include <iostream>
#include <string_view>

enum class Terrain
{
    Open, Mountain, River, Ocean
};

constexpr std::string_view ToString(Terrain terrain)
{
    using namespace std::string_view_literals;

    switch (terrain)
    {
    case Terrain::Open:     return "Open"sv;
    case Terrain::Mountain: return "Mountain"sv;
    case Terrain::River:    return "River"sv;
    case Terrain::Ocean:    return "Ocean"sv;
    default:                return ""sv;
    }
}

int main()
{
    std::cout << ToString(Terrain::Mountain);
}
C++20 では using 宣言を拡張し、using Terrain::Open;Open をエイリアスとして使えるようになります。また using enum 宣言という新しい仕組みにより、using enum Terrain;Terrain がローカルスコープに導入され、スコープ解決演算子を使わずにその列挙子を使えるようになります。
enum class Terrain
{
    Open, Mountain, River, Ocean
};

constexpr std::string_view ToString(Terrain terrain)
{
    using namespace std::string_view_literals;

    switch (terrain)
    {
    using enum Terrain; // using enum 宣言で、列挙型の名前 Terrain をローカルスコープに導入
    case Open:      return "Open"sv;
    case Mountain:  return "Mountain"sv;
    case River:     return "River"sv;
    case Ocean:     return "Ocean"sv;
    default:        return ""sv;
    }
}

int main()
{
    using Terrain::Mountain; // using 宣言で、列挙子 Mountain をローカルスコープに導入
    std::cout << ToString(Mountain);
}
なお、次のように複数の using 宣言によって名前の衝突が起こる場合はコンパイルエラーになります。
#include <iostream>
#include <string_view>

enum class Terrain
{
    Open, Mountain, River, Ocean
};

enum class State
{
    Open, Closed
};

int main()
{
    using enum Terrain; // OK
    using enum State;   // コンパイルエラー: Terrain::Open と State::Open の名前が衝突
}

コンストラクタに [[nodiscard]] が使えるように (P1771R1)

C++17 で [[nodiscard]] が導入された際、仕様ではコンストラクタを対象としていませんでした(ただし、GCC では警告を出しつつもコンストラクタに付けた [[nodiscard]] をチェックしていました)。コンストラクタの呼び出しによって作成された一時オブジェクトが意図せず無視されたときに警告を出せると、ユーザの間違いを減らせます。そこで、コンストラクタにも [[nodiscard]] 属性を付けられるよう、C++17 向けの規格にさかのぼって仕様が修正され、C++20 および、この変更に対応した C++17 コンパイラで新仕様を利用できるようになります。なお、デストラクタを定義していた場合でも警告は消えません。

struct Circle
{
    double x, y, r;

    Circle() = default;

    [[nodiscard]] constexpr Circle(double _x, double _y, double _r) noexcept
        : x(_x), y(_y), r(_r) {}

    void draw() const { /* ... */ }
};

int main()
{
    Circle(200, 300, 50); // warning: nodiscard 属性のコンストラクタで作成された一時オブジェクトを無視

    Circle(400, 300, 50).draw();
}

ネストした名前空間定義で inline namespace を使えるように (P1094R2)

C++17 でネストした名前空間定義が導入されましたが、その中では inline namespace を使うことができず、inline namespacenamespace 内にある次のようなケースで恩恵を受けられませんでした。C++20 からはネストした名前空間定義の中で inline を使えるようになります。

#include <iostream>

namespace mylib::v1::util
{
    constexpr int GetValue() { return 1; }
}

namespace mylib
{
    inline namespace v2
    {
        namespace util
        {
            constexpr int GetValue() { return 2; }
        }
    }
}

int main()
{
    std::cout << mylib::v1::util::GetValue() << '\n';
    std::cout << mylib::v2::util::GetValue() << '\n';
    std::cout << mylib::util::GetValue() << '\n'; // v2
}
#include <iostream>

namespace mylib::v1::util
{
    constexpr int GetValue() { return 1; }
}

namespace mylib::inline v2::util
{
    constexpr int GetValue() { return 2; }
}

int main()
{
    std::cout << mylib::v1::util::GetValue() << '\n';
    std::cout << mylib::v2::util::GetValue() << '\n';
    std::cout << mylib::util::GetValue() << '\n'; // v2
}

本来アクセス可能な private メンバに構造化束縛ではアクセスできなかった仕様を修正 (P0969R0)

メンバ関数内で自身の private メンバにアクセスすることや、friend 指定された関数で該当クラスの private メンバ変数にアクセスすることは通常可能ですが、C++17 の構造化束縛はクラスの public メンバにしかバインドできないという規格文面の制約があり、次のようなケースで一貫性がありませんでした。この制約を課す合理的な理由は無かったため、C++17 向けの規格にさかのぼって仕様が修正され、アクセス可能であれば private メンバ変数をバインドできるようになります。C++20 および、この変更に対応した C++17 コンパイラで新仕様を利用できます。

class Date
{
private:

    int m_year, m_month, m_day;

public:

    friend void Work(const Date& date);

    void f(const Date& other) const
    {
        // OK
        int year = other.m_year;
        int month = other.m_month;
        int day = other.m_day;

        // これまではコンパイルエラー, C++20 以降 OK
        auto [y, m, d] = other;
    }
};

// friend 指定されている関数
void Work(const Date& date)
{
    // OK
    int year = date.m_year;
    int month = date.m_month;
    int day = date.m_day;

    // これまではコンパイルエラー, C++20 以降 OK
    auto [y, m, d] = date;
}

int main()
{

}

ユーザ宣言されたコンストラクタを持つクラスの集成体初期化を禁止 (P1008R1)

C++17 までは集成体の要件が緩かったため、コンストラクタについては、デフォルトコンストラクタが = delete または private であっても、集成体初期化によって初期化できる抜け道がありました。これはメンバ変数が意図しない値で初期化されるといった問題を引き起こします。C++20 からは集成体の要件が厳しくなり、ユーザ宣言されたコンストラクタがあるクラスは集成体にはなりません。

struct A
{
    A() = delete;
};

struct B
{
private:
    B() = default;
};

struct C
{
    int i = 0;
    C() = default;
};

int main()
{
    A a1; // コンパイルエラー
    A a2{}; // C++17 までは OK, C++20 からはコンパイルエラー

    B b1; // コンパイルエラー
    B b2{}; // C++17 までは OK, C++20 からはコンパイルエラー

    C c1(123); //コンパイルエラー
    C c2{ 123 }; // C++17 までは OK, C++20 からはコンパイルエラー
}

throw() による動的例外指定を削除 (P0619R4)

C++11 では、noexcept の追加に合わせ、throw(typeid, ...)throw() による動的例外指定が非推奨化されました。C++17 では前者が削除されましたが、古いコードにおいて広く使われていた後者は、移行猶予のために noexcept(true) のエイリアスとして改められつつ保持されていました。C++20 では後者も削除されます。

メッセージ付きの [[nodiscard]] 属性 (P1301R4)

C++17 で追加された [[nodiscard]] 属性は、ライブラリなどが提供する関数の誤用を防ぐ助けになりますが、関数がなぜ [[nodiscard]] 属性を持っているのかについて、利用者に十分な情報が伝わらない場合がありました。C++20 では [[nodiscard("....")]] のような形式でメッセージを追加できるようになります。戻り値の無視があった場合、コンパイラは警告に加えてこのメッセージを補足情報として出力できます。

#include <vector>

struct Data
{
private:

    std::vector<int> m_data;

public:

    void clear()
    {
        m_data.clear();
    }

    [[nodiscard("Did you mean 'clear'?")]]
    bool empty() const
    {
        return m_data.empty();
    }
};

int main()
{
    Data data;

    data.empty();
}

コンパイラの出力例

prog.cc:27:2: warning: ignoring return value of function declared with 'nodiscard' attribute:
        Did you mean 'clear'? [-Wunused-result]
        data.empty();
        ^~~~~~~~~~
1 warning generated.

標準ライブラリ

文字列の先頭や末尾が、ある文字列と一致するか判定 (P0457R2)

std::basic_stringstd::basic_string_view に、starts_with()ends_with() メンバ関数が追加されます。

#include <iostream>
#include <string_view>

constexpr bool HasPNGExtension(std::string_view filePath)
{
    // 文字列が ".png" で終わるなら true, それ以外は false を返す
    return filePath.ends_with(".png");
}

int main()
{
    std::cout << std::boolalpha;
    std::cout << HasPNGExtension("picture.png") << '\n';
    std::cout << HasPNGExtension("photo.jpg") << '\n';
    std::cout << HasPNGExtension("music.mp3") << '\n';
}
true
false
false

operator>>(basic_istream&, charT*) の第二引数を charT(&)[N] に変更して安全に (P0487R1)

C++17 までの operator>>(basic_istream&, charT*) は、関数にバッファのサイズが渡されないため、次のようなプログラムでバッファオーバーフローへの対策が必要でした。

#include <iostream>
#include <iomanip>

int main()
{
    char buffer[4];

    // std::cin >> buffer; // 危険: バッファオーバーフローの可能性

    std::cin >> std::setw(4) >> buffer; // OK: バッファオーバーフロー対策

    std::cout << buffer;
}
C++20 では引数を次のように変更し、関数がバッファオーバーフローの対策を実装するようになります。
// C++17 まで
template<class charT, class traits>
basic_istream<charT, traits>& operator>>(basic_istream<charT, traits>& in, charT* s);

// C++20 から
template<class charT, class traits, size_t N>
basic_istream<charT, traits>& operator>>(basic_istream<charT, traits>& in, charT (&s)[N]);
#include <iostream>
#include <iomanip>

int main()
{
    char buffer[4];

    std::cin >> buffer; // OK: C++20 ではバッファオーバーフローを防げる

    std::cout << buffer;
}
この変更に伴い、C++17 までは有効だった次のようなプログラムが、C++20 からコンパイルエラーになります。
#include <iostream>
#include <iomanip>

int main()
{
    char* p = new char[100];
    std::cin >> std::setw(100) >> p; // C++20 からはコンパイルエラー
    std::cout << p;
}

戻り値の無視が不具合をもたらす関数に [[nodiscard]] を付与 (P0600R1)

C++17 で導入された [[nodiscard]] 属性を標準ライブラリで活用するようになります。C++20 では付与基準を「戻り値の無視がトラブルやメモリリークなどの重大なエラーを引き起こす C++ の関数」とし、async(), launder(), allocate(), empty(), operator new() が対象となっています。

#include <vector>
#include <future>

int main()
{
    std::vector<int> v = { 10, 20, 30 };

    v.empty(); // C++20 では警告

    std::async(std::launch::async, [] { return 1; }); // C++20 では警告
}
MSVC の標準ライブラリでは Visual Studio 2017 15.6 以降、規格の範囲を超えてより多くの関数(2,500 個以上)に [[nodiscard]] 属性を使っています。その結果、Chromium のソースに無意味な std::move() が見つかるなど、既存のコードベースのバグの発見に役立っています。

<array> ヘッダのすべての関数が constexpr に (P1023R0), (P1032R1)

C++17 の <array> ヘッダでは、比較演算子、swap(), fill() 以外のすべての関数が constexpr でした。C++20 ではさらに、array の比較演算の実装に使われている std::equal()std::lexicographical_compare()constexpr になった (P0202R3) ことにともない、array の比較演算子を constexpr とし、また swap()fill() についても constexpr にすることを決め、array ヘッダのすべての関数が constexpr で提供されます。

<chrono> ヘッダの zero(), min(), max() 関数が noexcept に (P0972R0)

std::chrono::duration_values, std::chrono::duration, std::chrono::time_point などの zero(), min(), max() 関数に noexcept が付きます。

pointer_traits が constexpr に (P1006R1)

std::vector を constexpr にするのに必要なため、std::pointer_traits::pointer_to() 関数が constrexpr になります。

ポインタのアライメントを最適化ヒントとしてコンパイラに伝える assume_aligned() 関数 (P1007R3)

データのアドレスが 16 バイトなどのサイズにアライメントされている場合、コンパイラが SIMD を使った最適なコードを生成できる可能性があります。あるポインタの指すデータがアライメントされていることをコンパイラに伝える方法として、GCC や Clang では __builtin_assume_aligned()__attribute__((assume_aligned(alignment))), ICC では __assume_aligned() などの独自拡張がありますが、標準化された方法はありませんでした。C++20 では、これらの差異を吸収する次のような関数テンプレートが提供されます。

template <size_t N, class T>
[[nodiscard]] constexpr T* assume_aligned(T* ptr);
実際には次のように使います。
void Multiply(float* x, size_t size, float factor)
{
    float* ax = std::assume_aligned<64>(x); // x が 64 バイトアライメントであることを伝える

    for (size_t i = 0; i < size; ++i) // ループが適宜最適化される
    {
        ax[i] *= factor;
    }
}

スマートポインタの作成時に値をデフォルト初期化する make 関数を追加 (P1020R1)

実行時性能のために、floatunsigned char など組み込み型の配列の値をデフォルト初期化させたい(ゼロ初期化しない)ケースがあります。しかし、make_uniquemake_shared, allocate_shared でスマートポインタを作成した場合には値初期化が実行されます。C++20 では、値初期化をせずにデフォルト初期化でスマートポインタを作成する関数 make_unique_default_init, make_shared_default_init, allocate_shared_default_init が追加されました。

#include <iostream>
#include <memory>

// 未初期化の変数を使う実験的なコード
int main()
{
    float v[4]; // デフォルト初期化

    for (int i = 0; i < 4; ++i)
    {
        std::cout << v[i] << '\n';
    }

    auto pv = std::make_unique<float[]>(4); // 値初期化 (0 初期化) 

    for (int i = 0; i < 4; ++i)
    {
        std::cout << pv[i] << '\n';
    }

    auto pd = std::make_unique_default_init<float[]>(4); // デフォルト初期化

    for (int i = 0; i < 4; ++i)
    {
        std::cout << pd[i] << '\n';
    }
}
出力例
2.20325e-38
4.11052e+32
1.3013e-45
2.48626e-38
0
0
0
0
2.30415e-38
2.51341e-38
4.63281e+30
2.32703e+17

非順序連想コンテナのルックアップ操作で、key_type と比較可能な型を変換せずに使えるように (P0919R3)

C++17 までの unorderd_mapunordered_set など非順序連想コンテナでは、find(), count(), equal_range() などルックアップを行うメンバ関数は引数に key_type をとり、例えば次のようなケースで std::string 型の一時オブジェクトが作成されて非効率でした。

#include <string>
#include <unordered_map>

int main()
{
    std::unordered_map<std::string, int> table = { /* ... */ };

    auto it = table.find("abc"); // std::string 型の一時オブジェクトが作成される
}

C++20 では、非順序連想コンテナのテンプレートパラメータ Hashtransparent_key_equal タグを持つときに、key_type 以外の型を引数にとるメンバ関数テンプレートのオーバーロードが使用可能になり、一時オブジェクトの作成を回避できるようになります。

#include <string>
#include <string_view>
#include <unordered_map>

struct string_hash
{
    using transparent_key_equal = std::equal_to<>;  // KeyEqual to use
    using hash_type = std::hash<std::string_view>;  // helper local type
    size_t operator()(std::string_view txt) const { return hash_type{}(txt); }
    size_t operator()(const std::string& txt) const { return hash_type{}(txt); }
    size_t operator()(const char* txt) const { return hash_type{}(txt); }
};

int main()
{
    using namespace std::literals;

    std::unordered_map<std::string, int, string_hash> table = { /* ... */ };

    auto it1 = table.find("abc"); // std::string 型の一時オブジェクトは作成されない

    auto it2 = table.find("abc"sv); // std::string 型の一時オブジェクトは作成されない
}

2 つの値の中点を計算する std::midpoint() 関数 (P0811R3)

2 つの値 a, b の中点を計算する際に、単純な (a + b) / 2 という式ではオーバーフローを起こす可能性があります。C++20 で追加される std::midpoint() 関数では、整数に対して

constexpr Integer midpoint(Integer a, Integer b) noexcept
{
    using U = make_unsigned_t<Integer>;
    return a>b ? a-(U(a)-b)/2 : a+(U(b)-a)/2;
}
のような実装が使われ、オーバーフローを回避できます。(a + b) が奇数になるケースの結果は a の方向に丸められます。
浮動小数点数に対しては次のような実装が使われます。
Float midpoint(Float a, Float b)
{
    return isnormal(a) && isnormal(b) ? a/2+b/2 : (a+b)/2;
}
#include <iostream>
#include <numeric>

int main()
{
    std::cout << (2'000'000'000 + 1'000'000'000) / 2 << '\n'; // オーバーフロー

    std::cout << std::midpoint(2'000'000'000, 1'000'000'000) << '\n'; // 1500000000

    std::cout << std::midpoint(1, 4) << '\n'; // 2

    std::cout << std::midpoint(4, 1) << '\n'; // 3
}

2 つの値の線形補間を計算する std::lerp() 関数 (P0811R3)

2 点 a, b の間をパラメータ t によって線形補間する関数が提供されます。計算結果 ra + t * (b - a) によって求められますが、実装により isfinite(a) && isfinite(b) のとき

  • lerp(a, b, 0) == a && lerp(a, b, 1) == b
  • 0 <= t && t <= 1 のとき isfinite(r)
  • isfinite(t) && a == b のとき r == a
  • isfinite(t) || !isnan(t) && (b - a) != 0 のとき !isnan(r)

また、cmp(lerp(a,b,t2), lerp(a,b,t1)) * cmp(t2,t1) * cmp(b,a) >= 0 (cmp は -1, 0, 1 を返す三方比較関数とする)
であることが保証されます。

#include <iostream>
#include <numeric>

int main()
{
    std::cout << std::lerp(0.0, 10.0, 0.0) << '\n'; // 0

    std::cout << std::lerp(0.0, 10.0, 0.3) << '\n'; // 3

    std::cout << std::lerp(0.0, 10.0, 1.0) << '\n'; // 10

    std::cout << std::lerp(0.0, 10.0, 1.2) << '\n'; // 12
}

実装固有の情報をまとめる <version> ヘッダを追加 (P0754R2)

__cpp_lib_byte, __cpp_lib_void_t のような標準ライブラリの機能テストマクロ、その他ライブラリのバージョンや実装固有の情報をまとめる目的の <version> ヘッダが追加されました。 例えば C++20 以前の MSVC の標準ライブラリでは、<yvals_core.h> という独自ヘッダに標準ライブラリの機能テストマクロがまとめられていましたが、C++20 以降ではあらゆる実装において、<version> ヘッダを見ることで、こうした実装固有の情報にアクセスできるため利便性が高まります。

例外を投げない暗黙の変換が可能か調べる is_nothrow_convertible (P0758R1)

From から型 To への暗黙の変換が可能であるかを調べる型特性クラス std::is_convertible<class From, class To> が C++11 から導入されましたが、その変換が noexcept でもあるかを調べられるバージョンは実装されていませんでした。 このことが原因で、std::decay_copy の提案 (N3255) において、適切な noexcept 例外仕様を移植性のある方法で定義できない問題 (LWG 2040) が指摘されていました。

template <class T> 
typename decay<T>::type decay_copy(T&& v) noexcept(??? /* is_nothrow_convertible<T, T>::value */);
C++20 からは、noexcept な暗黙の変換が可能であることを調べる新しい型特性クラス std::is_nothrow_convertible<class From, class To> が実装されることで問題を解消できます。 既存の標準ライブラリ関数においても、std::basic_string のメンバ関数テンプレートに、より適切な noexcept 例外仕様を定義するために活用されます。

template <class T>
size_type find(const T& t, size_type pos = 0) const noexcept(is_nothrow_convertible_v<const T&, basic_string_view<CharT, Traits>>);

ポインタライクなオブジェクトからアドレスを取得する std::to_address() 関数 (P0653R2)

ポインタライクなオブジェクトを引数にとり、それが表すのと同じアドレスを生ポインタで返す関数 std::to_address(p) が追加されます。オブジェクトがポインタ型の場合はその値を返し、それ以外の場合、std::pointer_traits<Ptr>::to_address(p) の特殊化が定義されていて使えればその戻り値を、そうでない場合は std::to_address(p.operator->()) の戻り値を返します。

<complex> ヘッダの関数の constexpr 対応を強化 (P0415R1)

<complex> ヘッダが提供する関数のうち、複素数の四則演算、ノルムの取得、共役複素数の取得など、constexpr 非対応の数学関数 (sqrt など) を使わずに実装できるものが constexpr 化されます。

コンパイル時評価の文脈か実行時評価の文脈かを判別できる std::is_constant_evaluated() 関数 (P0595R2)

C++17 までは、実行するコードを、コンパイル時評価か実行時評価かに応じて使い分ける方法はありませんでした。C++20 では、コンパイル時評価されている文脈では true を、それ以外の場合では false を返す std::is_constant_evaluated() 関数が <type_traits> ヘッダに追加されます。例えば標準ライブラリで constexpr 対応していないような数学関数を提供する際、コンパイル時評価では constexpr 版の実装を、実行時には非 constexpr の標準ライブラリの実装を提供するよう選択させることができます。なお、std::is_constant_evaluated()if constexpr( ) 内や static_assert 内で使うと常に true に評価されてしまうので注意が必要です。基本的には if (std::is_constant_evaluated()) と書きます。

#include <cmath>
#include <type_traits>
#include <iostream>
#include <iomanip>

constexpr float Sin_impl(float x2, int i, int k, float xn, long long nf)
{
    return (i > 10) ? 0.0f : (k * xn / nf + Sin_impl(x2, i + 2, -k, xn * x2, nf * (i + 1) * (i + 2)));
}

constexpr float Sin(float x)
{
    if (std::is_constant_evaluated())
    {
        return Sin_impl(x * x, 1, 1, x, 1);
    }
    else
    {
        return std::sin(x);
    }
}

int main()
{
    constexpr float Pi = 3.14159265f;
    constexpr float theta = Pi / 4.0;

    constexpr float x1 = Sin(theta); // コンパイル時計算    
    float x2 = Sin(theta);  // 実行時計算

    std::cout << std::setprecision(16);
    std::cout << x1 << '\n';
    std::cout << x2 << '\n';
}
0.7071068286895752
0.7071067690849304

浮動小数点数型のアトミック操作を拡張 (P0020R6)

std::atomic<T>float, double, long double 型の特殊化に、メンバ関数 fetch_add(), fetch_sub(), operator+=(), operator-=() が追加されます。

std::memory_orderenum class に変更 (P0439R0)

C++17 まで enum で定義されていた std::memory_order を、モダンな C++ 文法と型安全のために、enum class で定義する仕様に変更されます。これまでの表記は定数で提供されるようになるため、既存のソースコードは影響を受けません。また、バイナリ互換性のために、enum class の基底型の選択は実装に任せられています。

namespace std
{
    typedef enum memory_order
    {
        memory_order_relaxed,
        memory_order_consume,
        memory_order_acquire,
        memory_order_release,
        memory_order_acq_rel,
        memory_order_seq_cst
    } memory_order;
}
namespace std
{
    enum class memory_order /* : unspecified */
    {
        relaxed,
        consume,
        acquire,
        release,
        acq_rel,
        seq_cst
    };

    inline constexpr memory_order memory_order_relaxed = memory_order::relaxed;
    inline constexpr memory_order memory_order_consume = memory_order::consume;
    inline constexpr memory_order memory_order_acquire = memory_order::acquire;
    inline constexpr memory_order memory_order_release = memory_order::release;
    inline constexpr memory_order memory_order_acq_rel = memory_order::acq_rel;
    inline constexpr memory_order memory_order_seq_cst = memory_order::seq_cst;
}

Hash が同一の挙動をしない非順序連想コンテナどうしの比較が可能に (P0809R0)

C++17 までは、非順序連想コンテナの operator==, operator!= について、「両者の HashPred がそれぞれ同一の挙動をしない場合は未定義動作」と規格に記されていました。しかし、ランダムなソルトを使うハッシュ関数を持つコンテナ同士の比較もユースケースとして想定され、また、対応するための実装も難しくなかったことから、C++20 からはこのうち Hash に関する記述が削除されました。

#include <iostream>
#include <unordered_map>
#include <random>
#include <string>

template <class Type>
struct RandomizedHash
{
    size_t rnd;

    RandomizedHash()
    {
        std::random_device rd;
        rnd = std::uniform_int_distribution<size_t>{}(rd);
    }

    size_t operator()(const Type& s) const
    {
        return (std::hash<Type>{}(s) ^ rnd);
    }
};

int main()
{
    std::unordered_map<std::string, int, RandomizedHash<std::string>> u1 =
    {
        { "One", 1 }, { "Two", 2 }, { "Three", 3 },
    };

    std::unordered_map<std::string, int, RandomizedHash<std::string>> u2 =
    {
        { "One", 1 }, { "Two", 2 }, { "Three", 3 },
    };

    // それぞれ異なるハッシュ値を返す
    const std::string s = "abcde";
    std::cout << "u1: " << u1.hash_function()(s) << '\n';
    std::cout << "u2: " << u2.hash_function()(s) << '\n';

    std::cout << std::boolalpha;

    // C++17 までは未定義動作、C++20 から OK
    std::cout << (u1 == u2) << '\n';
}

実行環境のエンディアンを判別するための列挙定数を追加 (P0463R1)

これまでの C++ プログラムでは、ターゲットアーキテクチャのバイトオーダを判別する際にトリッキーなコードを書く必要がありました。C++20 からは、リトルエンディアンを表す endian::little, ビッグエンディアンを表す endian::big, 実行環境のエンディアンを表す endian::native の 3 つの endian 型の列挙定数(値は実装に依存)が <type_traits> に定義され、endian::native をそれ以外の値と比較することで、実行環境のバイトオーダを判別できるようになります。現在の C++ コンパイラで、リトルエンディアンでもビッグエンディアンでもないミドルエンディアン(PDP エンディアンなど)をサポートしているものはありませんが、ミドルエンディアンの環境においては、endian::nativeendian::big でも endian::little でもない値を持つことになっています。

#include <iostream>
#include <type_traits>

int main()
{
    if constexpr (std::endian::native == std::endian::little)
    {
        std::cout << "Little-endian\n";
    }
    else if constexpr (std::endian::native == std::endian::big)
    {
        std::cout << "Big-endian\n";
    }
    else
    {
        std::cout << "Middle-endian\n";
    }
}

型から cv 修飾と参照を除去する std::remove_cvref trait (P0550R2)

型から constvolatile の修飾および参照を除去したいだけで、配列からポインタ、関数型から関数ポインタへの変換については不要であっても、C++17 では std::remove_cv_t<std::remove_reference_t<T>> と書くと長くなるため std::decay を使うというケースがよくありました。C++20 からは std::remove_cv_t<std::remove_reference_t<T>> と同じ効果を持つ std::remove_cvref trait と、そのヘルパー型 std::remove_cvref_t が追加され、短く書けるようになります。std::remove_reference_t<std::remove_cv_t<T>> のような順番の間違いを防ぐことにもつながります。

標準ライブラリでの不必要な std::decay の使用を回避 (P0777R1)

C++17 の標準ライブラリの規格では std::decay_t がおよそ 40 箇所で使われていましたが、そのうち cv 修飾の除去や参照の除去だけで十分な箇所について、実装の意図をより明確にするため std::remove_reference_t や、C++20 から導入される std::remove_cvref_t に置き換えられます。具体的には、std::apply や、std::optional, std::variant の一部のメンバ関数などで置き換えが発生します。

数学定数を提供する <numbers> ヘッダ (P0631R8)

これまで C++ の標準ライブラリには数学定数が用意されていませんでした(M_PI などは拡張)。C++20 からは数学定数をまとめた <numbers> ヘッダが追加され、13 種類の数学定数の変数テンプレート宣言と、それらの double 型への特殊化の定義が提供されます。
変数テンプレートは、標準ライブラリコンセプト floating_point を使って、std::numbers 名前空間に次のように宣言されます。

template <floating_point T>
inline constexpr T pi_v<T> = 3.141592653589793238462643383279502884L;
合わせて double 型への特殊化の定義が次のような実装で提供されます。
inline constexpr double pi = pi_v<double>;
C++20 で追加される数学定数の一覧は次のとおりです。

定数名 説明 binary128 に充分な精度を持つ値
e_v e 2.718281828459045235360287471352662498L
log2e_v 2 を底とする e の対数 1.442695040888963407359924681001892137L
log10e_v 10 を底とする e の対数 0.434294481903251827651128918916605082L
pi_v 円周率 (π) 3.141592653589793238462643383279502884L
inv_pi_v 1/π 0.318309886183790671537767526745028724L
inv_sqrtpi_v 1/√π 0.564189583547756286948079451560772586L
ln2_v 2 の自然対数 0.693147180559945309417232121458176568L
ln10_v 10 の自然対数 2.302585092994045684017991454684364208L
sqrt2_v √2 1.414213562373095048801688724209698078L
sqrt3_v √3 1.732050807568877293527446341505872366L
inv_sqrt3_v 1/√3 0.577350269189625764509148780501957456L
egamma_v オイラーの定数 0.577215664901532860606512090082402431L
phi_v 黄金数 (φ) 1.618033988749894848204586834365638117L

コードで使用する際は、using 宣言によって記述を短くできます。

#include <iostream>
#include <numbers>

int main()
{
    using std::numbers::pi;
    using std::numbers::pi_v;

    std::cout << 2.0 * pi  << '\n';
    std::cout << pi_v<float> << '\n';
}

basic_string::reserve() が capacity を縮小しないように (P0966R1)

C++17 では、std::basic_string::reserve(size_type) に現在の capacity() よりも小さい値が渡された際、shrink-to-fit を実行することが許可されていたため、注意深く使わないとメモリの再配置を頻繁に引き起こし、実行時性能を低下させることがありました。また、デフォルト引数として 0 が定義されており、s.reserve()s.shrink_to_fit() で機能が重複するという問題や、shrink-to-fit を実行せずデフォルト引数も無い std::vector::reserve(size_type) との一貫性がないという問題がありました。C++20 からの新しい仕様では std::vector 側に合わせ、std::basic_string::reserve(size_type) に現在の capacity() よりも小さい値が渡された際には何もしないことが保証され、デフォルト引数も廃止(互換性のために deprecated 指定の std::basic_string:reserve(void) オーバーロードが追加)となり、これらの問題が解決されます。

連想コンテナに constains() メンバ関数を追加 (P0458R2)

ある要素が連想コンテナに含まれているか調べるための C++17 までのイディオムは、直感的でなく初心者にとっても明快ではありませんでした。C++20 からは、要素の存在をチェックする contains(key) メンバ関数が std::map, std::multimap, std::set, std::multiset, std::unordered_map, std::unordered_multimap, std::unordered_set, std::unordered_multiset に追加されます。

#include <iostream>
#include <unordered_map>

int main()
{
    const std::unordered_map<int, std::string> table =
    {
        { 200, "OK" }, { 201, "Created" }, { 202, "Accepted" }
    };

    if (table.find(200) != table.end())
    {
        std::cout << "key exists\n";
    }
}
#include <iostream>
#include <unordered_map>

int main()
{
    const std::unordered_map<int, std::string> table =
    {
        { 200, "OK" }, { 201, "Created" }, { 202, "Accepted" }
    };

    if (table.contains(200))
    {
        std::cout << "key exists\n";
    }
}

コンテナから指定した要素を削除する操作に一貫して使える std::erase(), std::erase_if() 関数 (P1209R0)

コンテナから特定の要素を削除するという処理は、コンテナの種類によって最適な書き方が異なります。std::unordered_map ではイテレータを使って先頭から要素を削除していき、std::list ではメンバ関数の remove()remove_if() を使い、std::vector では std::remove_if()erase() メンバ関数を組み合わせます。このようにコンテナの特性に応じてコードを書き分けるのは大変だったため、C++20 ではすべてのコンテナ向けに適切な実装を提供する、一貫して使える非メンバ関数 std::erase(), std::erase_if() が追加されます。

#include <iostream>
#include <vector>
#include <list>
#include <unordered_map>
#include <string>

int main()
{
    std::vector<int> v = { 3, 14, 1, 5, 92 };
    std::list<int> li = { 3, 14, 1, 5, 92 };
    std::unordered_map<std::string, int> m = {
        { "aa", 3 }, { "bb", 14 }, { "cc", 1 }, { "dd", 5 }, { "ee", 92 } };

    std::erase(v, 3);
    std::erase(li, 3);
    std::erase_if(m, [](const auto& p) { return p.second == 3; });

    std::erase_if(v, [](auto n) { return n < 10; });
    std::erase_if(li, [](auto n) { return n < 10; });
    std::erase_if(m, [](const auto& p) { return p.second < 10; });
}

バイト列の再解釈キャストを補助する std::bit_cast() 関数 (P0476R2)

ある型のオブジェクトが格納されているバイト列に対して、別の型のオブジェクトと解釈してアクセスすること (type punning) は C++ では禁止されています (strict aliasing rule). float 型の値のバイト列を std::uint32_t 型として扱うときの間違った方法として、次のサンプルのように reinterpret_castunion を用いる例があります。これは直感的に見え、実際ほとんどのコンパイラで期待通り動作しますが、規格上は未定義動作となる不正なコードです。正しくは std::memcpy() を使います。

#include <cstdint>
#include <cstring>
#include <iostream>

union FloatUint32
{
    float f;
    std::uint32_t u;
};

int main()
{
    constexpr float f = 0.5f;

    // 未定義動作
    const std::uint32_t u1 = *reinterpret_cast<const std::uint32_t*>(&f);

    // 未定義動作
    const std::uint32_t u2 = FloatUint32{ f }.u;

    // OK
    std::uint32_t u3;
    std::memcpy(&u3, &f, sizeof(f));

    std::cout << u1 << '\n';
    std::cout << u2 << '\n';
    std::cout << u3 << '\n';
}

しかし、std::memcpy() では型変換を constexpr にできず、また、デフォルトコンストラクト可能でない型に対応するには std::aligned_storage と組み合わせる必要があるなど、適切な実装は面倒でした。C++20 では、この実装をコンパイラサポートによる constexpr 対応も含めて実現する std::bit_cast() 関数が提供されます。

template <typename To, typename From>
constexpr To bit_cast(const From& from) noexcept;

変換先の型 To と変換元の型 From について、sizeof(To) != sizeof(From) の場合や、std::is_trivially_copyable_v<To> == false または std::is_trivially_copyable_v<From> == false の場合にはコンパイルエラーになるため、間違いを減らす効果もあります。

#include <cstdint>
#include <bit>
#include <iostream>

int main()
{
    constexpr float f = 0.5f;

    constexpr std::uint32_t u = std::bit_cast<std::uint32_t>(f);

    std::cout << u << '\n';
}

<numeric> の関数の非効率な実装を改善 (P0616R0)

C++17 では、std::accumulate()acc = binary_op(acc, *i) として実装されると規格に定められていいたため、次のようなケースで std::accumulate() の最中に std::string のアロケーションが大量に発生して非効率でした。

#include <iostream>
#include <string>
#include <numeric>
#include <vector>

int main()
{
    std::vector<std::string> words(100, "abc");

    std::string s = "start";

    std::string r = std::accumulate(words.begin(), words.end(), s);

    std::cout << r << '\n';
}
C++17 の std::accumulate() の中で行われること:
acc = acc + *i; // operator+(const std::string&, const std::string&)
++i;
... // くり返し

C++20 では、std::move() を使う acc = binary_op(std::move(acc), *i) という実装に変更され、右辺値の演算に対する効率的な実装を提供する型 (std::string など) が、恩恵を受けられるようになります。

C++20 の std::accumulate() の中で行われること:

acc = std::move(acc) + *i; // operator+(std::string&&, const std::string&)
++i;
...
operator+(std::string&& lhs, const std::string& rhs) は基本的に lhs.append(rhs) です。次のようにあらかじめ十分なキャパシティを確保したバッファを std::accumulate() 内で使えるようにもなります。

#include <iostream>
#include <string>
#include <numeric>
#include <vector>

int main()
{
    std::vector<std::string> words(100, "abc");

    std::string s = "start";

    s.reserve(s.size() + (word.size() * words.front().size())); // C++17 では無意味

    std::string r = std::accumulate(words.begin(), words.end(), std::move(s));

    std::cout << r << '\n';
}

std::move() を使うこの仕様変更は、同じ <numeric> ヘッダの std::inner_product()std::partial_sum(), std::adjacent_difference() にも適用されます。

2 の累乗数に関するユーティリティ関数を追加 (P0556R3), (P1355R2)

ある整数が 2 の累乗数であるかを調べたり、ある整数に近い 2 の累乗数を探したりする処理は、プログラミングでよく登場しますが、C++17 の標準ライブラリには実装されていませんでした。C++20 では次のような関数が追加されます。

namespace std
{
    template <class T>
    constexpr bool ispow2(T x) noexcept;

    template <class T>
    constexpr T ceil2(T x);

    template <class T>
    constexpr T floor2(T x) noexcept;

    template <class T>
    constexpr T log2p1(T x) noexcept;
}
  • 引数 x が 2 の累乗数であるかを判定する std::ispow2(x)
  • x 以上で最小の 2 の累乗数を返す std::ceil2(x)
  • x 以下で最大の 2 の累乗数 (ただし x が 0 の場合は 0) を返す std::floor2(x)
  • (1 + log2(x)) の整数部 (ただし x が 0 の場合は 0) を返す std::log2p1(x)
    • x を表現するために何ビット必要か」と同じ意味

いずれの関数も、型 T が符号なし整数型 (unsigned char, unsigned short, unsigned int, unsigned long, unsigned long long) の場合のみオーバーロード解決に参加します。なお、std::ceil2(x) について、結果が型 T で表現できない場合の動作は未定義です。

#include <iostream>
#include <bit>

int main()
{
    for (unsigned i = 0; i <= 16; ++i)
    {
        std::cout << i << ": "
            << std::ispow2(i) << ' '
            << std::ceil2(i) << ' '
            << std::floor2(i) << ' '
            << std::log2p1(i) << '\n';
    }
}
0: 0 1 0 0
1: 1 1 1 1
2: 1 2 2 2
3: 0 4 2 2
4: 1 4 4 3
5: 0 8 4 3
6: 0 8 4 3
7: 0 8 4 3
8: 1 8 8 4
9: 0 16 8 4
10: 0 16 8 4
11: 0 16 8 4
12: 0 16 8 4
13: 0 16 8 4
14: 0 16 8 4
15: 0 16 8 4
16: 1 16 16 5

std::liststd::forward_list の要素削除メンバ関数が、削除した要素数を返すように (P0646R1)

std::list のメンバ関数 remove() で要素を削除した際、実際に削除された要素数を知るには、前後で size() の比較を行わなければなりませんでした。しかし、std::forward_list の場合は size() メンバ関数を持たないため、O(n) の操作である std::distance() を使う必要がありました。C++20 では、std::list および std::forward_listremove(), remove_if(), unique() メンバ関数が、削除された要素数を戻り値として返すようになります。なお、呼び出し側で戻り値を使わない場合、主要コンパイラは最適化で処理を省略するため、この仕様変更が実行時性能に与える影響は無いとされています。

要素数が決まっている配列型かどうかを調べる型特性 std::is_bounded_array, std::is_unbounded_array (P1357R1)

C++17 の標準ライブラリが提供する型特性には、配列の要素数が決まっている (bounded) かどうかを判定するものはありませんでした。C++20 では利便性のために、型 T が要素数既知の配列型であるかを調べる型特性 std::is_bounded_array<T> と、型 T が要素数未知の配列型であるかを調べる型特性 std::is_unbounded_array<T> が追加されました。

#include <iostream>
#include <type_traits>

int main()
{
    std::cout << std::boolalpha;

    std::cout << std::is_bounded_array_v<int> << '\n'; // false
    std::cout << std::is_bounded_array_v<int[]> << '\n'; // false
    std::cout << std::is_bounded_array_v<int[5]> << '\n'; // true

    std::cout << std::is_unbounded_array_v<int> << '\n'; // false
    std::cout << std::is_unbounded_array_v<int[]> << '\n'; // true
    std::cout << std::is_unbounded_array_v<int[5]> << '\n'; // false
}
false
false
true
false
true
false

C++ 標準ライブラリの機能では、例えば std::make_unique() が要素数既知の配列型を禁止しています。こうしたオーバーロードを扱うときに、この型特性が便利です。

#include <iostream>
#include <memory>

int main()
{
    auto p1 = std::make_unique<int[]>(3);
    auto p2 = std::make_unique<int[5]>(); // コンパイルエラー
}

std::function のムーブコンストラクタが noexcept(P0771R1)

実行時性能を向上させるため、C++20 では std::function のムーブコンストラクタが noexcept になります。なお、libstdc++ と libc++ では提案時点ですでに実装済みでした。

<utility>, <algorithm> の多くの関数が constexpr(P0202R3), (P0879R0)

C++20 では <utility> ヘッダの std::swap(), std::exchange() および、<algorithm> ヘッダで条件を満たす全関数が constexpr に対応します。std::all_of()std::sort(), std::reverse() など、よく使われるアルゴリズム関数が constexpr になります。

<algorithm> ヘッダで constexpr にならないのは以下の関数のみです。

  • std::stable_partition(), std::inplace_merge(), std::stable_sort()
    • メモリのアロケーション等が必要なため
  • std::shuffle(), std::sample()
    • constexpr 関数を持たない std::uniform_int_distribution を使用するため
  • ExecutionPolicy を引数に取る関数
#include <array>
#include <algorithm>
#include <iostream>

constexpr int SumOfTop3(std::array<int, 5> a)
{
    std::nth_element(a.begin(), a.begin() + 3, a.end()); // C++20 では constexpr

    return a[0] + a[1] + a[2];
}

int main()
{
    constexpr int n = SumOfTop3({ 1, 8, 16, 4, 2 });

    static_assert(n == 7);

    std::cout << n << '\n'; // 7
}
7