コンテンツにスキップ

標準化会議

C++ への提案文書を議論して承認する C++ 標準化委員会の全体会議の開催情報です。

2022 Kona

場所

  • 2022-11-07 to 12 / コナ, ハワイ州, 米国

2022 New York

場所

  • 2022-07 / ニューヨーク, ニューヨーク州, 米国

2022 Portland

場所

October 2021 Virtual

場所

  • 2021-10-04 / オンライン

June 2021 Virtual

場所

  • 2021-06-07 / オンライン

参加報告

2021 Varna

場所

  • 2020-5-31 to 06-05 / ヴァルナ, ブルガリア (2021 年に以降に開催再延期)

2021 Kona

場所

  • 2021-02-22 to 27 / コナ, ハワイ州, 米国 (2021 年以降に開催延期)

February 2021 Virtual

場所

参加報告

November 2020 Virtual

場所

参加報告

2020 New York

場所

  • 2020-11-09 to 14 / ニューヨーク, ニューヨーク州, 米国 (2021 年以降に開催延期)

2020 Varna

場所

2020 Prague

場所 / 提案 / 会議の結果

参加報告

2019 Belfast

場所 / 提案 / 会議の結果

参加報告

2019 Cologne

場所 / 提案 / 会議の結果

参加報告

解説

std::formatconstexpr vector, using enum, constinit など、前回の会議までにおおよそ完成していた多数の提案が C++20 ドラフト入りしました。一方で、2018 年にドラフト入りしていた Contracts は大幅な設計の見直しが発生し、C++20 での導入をキャンセルして Study Group で議論を続けることが決まりました。
この会議をもって C++20 規格ドラフトへの新機能の追加は締め切り (Feature Freeze) です。以降は C++20 規格完成に向けた文面の修正と、C++23 以降に向けた議論が進められます。

2019 Kona

場所 / 提案 / 会議の結果

参加報告

解説

コルーチンと、C++23 以降への先送りが見込まれていたモジュールの C++20 入りが承認され、C++20 は C++11 以来の大型アップデートになることが決まりました。 C++20 のスケジュールでは、この会議をもって Feature Freeze になります。仕様文言のレビューが未完了の小規模な提案を次回の Colonge 会議で承認し、C++20 の全容が載った規格ドラフトができあがります。

2018 San Diego

場所 / 提案 / 会議の結果

参加報告

解説

Range ライブラリの C++20 入りが決まったほか、コンセプトの短縮構文、coneteval の追加や constexpr の制限緩和など定数式の強化、符号付整数型が 2 の補数であることの規定、char8_t 型の追加などが承認されました。

2018 Rapperswil

場所 / 提案 / 会議の結果

参加報告

解説

属性構文による Contracts (契約プログラミング) の C++20 入りが決まったほか、STL へのコンセプトライブラリの追加、任意のクラス型の非型テンプレートパラメータとしての利用、定数式での仮想関数呼び出しの許可、explicit(bool) などが承認されました。

2018 Jacksonville

場所 / 提案 / 会議の結果

参加報告

解説

<chrono> へのカレンダーライブラリの追加、<span>, no_unique_addresslikely/unlikely 属性構文の追加などが承認されました。

2017 Albuquerque

場所 / 提案 / 会議の結果

参加報告

解説

三方比較演算子 <=> とそのライブラリサポート、標準ライブラリ関数のさらなる constexpr 対応、初期化式をともなう範囲 for 文などの C++20 入りが承認されました。

2017 Toronto

場所 / 提案 / 会議の結果

参加報告

解説

C++20 に関する最初の会議です。コンセプト、Designated Initialization, ラムダ式における this のコピーキャプチャの許可などが承認されました。

2017 Kona

場所 / 提案 / 会議の結果

参加報告

解説

C++17 について議論する最後の会議で、この会議によって C++17 規格が完成しました。
std::byte 型の導入が追加で承認されたほかは、各国委員会からのコメントへの対応が主です。

2017 年以前の会議

2016 Issaquah

場所 / 提案 / 会議の結果

参加報告

解説

using 宣言でのパラメータパック展開、古い例外仕様 throw() の削除、<charconv> 等が承認されました。
この会議をもって C++17 は Feature Freeze になりました。

2016 Oulu

場所 / 提案 / 会議の結果

参加報告

解説

コア言語機能として、クラステンプレートのテンプレート引数推論(deduction guide)、インライン変数、constexpr if, 構造化束縛、if 文や switch 文での初期化式と条件式の分離、コピー省略保証、式の評価順序の厳密化、std::launder 等が承認されました。
ライブラリ機能としては、std::variant, variant, optional, any インターフェースの統一、連想コンテナの splice 等が承認されました。

2016 Jacksonville

場所 / 提案 / 会議の結果

参加報告

解説

16 進浮動小数点リテラル、constexpr ラムダ、属性構文 [[fallthrough]], [[nodiscard]], [[maybe_unused]] のほか、標準ライブラリに std::any, std::optional, std::string_view, <filesystem>, <memory_resource>, 並列アルゴリズム、数学の特殊関数等を追加することが承認されました。

2015 Kona

場所 / 提案 / 会議の結果

参加報告

解説

register キーワードの削除、__has_include() マクロ、std::conunctionstd::disjunctionstd::negation 等が承認されました。

2015 Lenexa

場所 / 提案 / 会議の結果

参加報告

解説

std::bool_constant, std::vector, std::list, std::forward_list の不完全型サポート等が承認されました。

2015 Cologne

  • 2015-02-23 to 27 / ケルン, ドイツ

2015 Skillman

  • 2015-01-26 to 28 / スキルマン, ニュージャージー州, 米国

2014 Urbana-Champaign

場所 / 提案 / 会議の結果

参加報告

解説

C++14 規格完成後の最初の会議です。
畳み込み式、入れ子名前空間定義の簡略化、u8 文字列リテラル、非型テンプレートパラメータのポインタ制限緩和、void_t, std::uncaught_exceptions 等の C++17 入りが承認されました。

2014 Rapperswil

場所 / 提案 / 会議の結果

参加報告

解説

C++14 について議論する最後の会議で、この会議によって C++14 規格が完成しました。
C++14 への機能追加はなく、C++17 に対しては、トライグラフの削除、テンプレートテンプレートパラメータでの typename 使用の許可、省略版の static_assert 等が承認されました。

2014 Issaquah

場所 / 提案 / 会議の結果

参加報告

解説

C++14 の最終作業と C++17 に向けた一部の作業が行われました。 どちらに対しても機能の追加はなく、C++14 に対しては各国委員会からのコメントや既存の Issue への対応が主です。

2013 Chicago

場所 / 提案 / 会議の結果

参加報告

解説

数値リテラルの区切り文字、[[deprecated]] 属性、引数としてサイズをとるグローバル delete 演算子のオーバーロードの許可等が承認されました。
また、前回会議で承認されていた動的配列のサポートおよび std::dynarray<T>std::optional<T> は C++14 から取り除かれることになりました。

2013 Bristol

場所 / 提案 / 会議の結果

参加報告

解説

コア言語機能として、constexpr の制限緩和、ジェネリックラムダ、ラムダ式の初期化キャプチャ、変数テンプレート、関数の戻り値型推論、動的配列のサポート、ライブラリ機能として、std::make_unique(), 標準ライブラリへのユーザー定義リテラル導入、std::optional<T>, std::dynarray<T> 等が承認されました。
C++14 のほとんどの機能がこの会議で追加されています。

2012 Portland

場所 / 提案 / 会議の結果

解説

Issue 対応が主で大きな機能の追加はありませんでした。
ライブラリ機能として、std::complex, std::chrono, std::array, std::initilizer_list, std::tuple, std::pair 等の constexpr 対応が承認されました。

2012 Kona

場所 / 提案 / 会議の結果

解説

C++14 について議論する最初の会議です。
機能の追加は無く、C++11 に対する Issue への対応が主です。

2011 Bloomington

  • 2011-08-15 to 19 / ブルーミントン, インディアナ州, 米国

2011 Madrid

  • 2011-03-21 to 26 / マドリード, スペイン

2010 Batavia

  • 2010-11-08 to 13 / バタヴィア, イリノイ州, 米国

2010 Rapperswil

  • 2010-08-02 to 07 / ラッパースヴィール, スイス

2010 Pittsburgh

  • 2010-03-08 to 13 / ピッツバーグ, ペンシルベニア州, 米国

2009 Santa Cruz

  • 2009-10-19 to 24 / サンタクルーズ, カリフォルニア州, 米国

2009 Frankfurt

  • 2009-07-13 to 18 / フランクフルト, ドイツ

2009 Summit

  • 2009-03-02 to 06 / サミット, ニュージャージー州, 米国

2008 San Francisco

  • 2008-09-14 to 20 / サンフランシスコ, カリフォルニア州, 米国

2008 Sophia Antipolis

  • 2008-06-08 to 13 / ソフィア・アンティポリス, フランス

2008 Bellevue

  • 2008-02-24 to 29 / ベルビュー, ワシントン州, 米国

2007 Kona

  • 2007-09-30 to 10-06 / コナ, ハワイ州, 米国

2007 Toronto

  • 2007-07-15 to 20 / トロント, カナダ

2007 Oxford

  • 2007-04-15 to 20 / オックスフォード, イングランド, 英国

2006 Portland

  • 2006-10-15 to 20 / ポートランド, オレゴン州, 米国

2006 Berlin

  • 2006-04-02 to 07 / ベルリン, ドイツ

2005 Mt. Tremblant

  • 2005-10-02 to 08 / モントランブラン, カナダ

2005 Lillehammer

  • 2005-04-10 to 15 / リレハンメル, ノルウェー

2004 Redmond

  • 2004-10-17 to 22 / レドモンド, ワシントン州, 米国

2004 Sydney

  • 2004-03-21 to 26 / シドニー, オーストラリア

2003 Kona

  • 2003-10-26 to 31 / コナ, ハワイ州, 米国

2003 Oxford

  • 2003-04-06 to 11 / オックスフォード, イングランド, 英国

2002 Santa Cruz

  • 2002-10-22 to 27 / サンタクルーズ, カリフォルニア州, 米国

2002 Curacao

  • 2002-04-21 to 26 / キュラソー, オランダ領アンティル, オランダ

2001 Redmond

  • 2001-10-21 to 26 / レドモンド, ワシントン州, 米国

2001 Copenhagen

  • 2001-04-30 to 05-04 / コペンハーゲン, デンマーク

2000 Toronto

  • 2000-10-23 to 27 / トロント, カナダ

2000 Tokyo

  • 2000-04-17 to 21 / 東京, 日本

1999 Kona

  • 1999-10-20 to 26 / コナ, ハワイ州, 米国

1999 Dublin

  • 1999-04-11 to 16 / ダブリン, アイルランド

1998 Santa Cruz

  • 1998-10-06 to 09 / サンタクルーズ, カリフォルニア州, 米国

1998 Sophia Antipolis

  • 1998-03-08 to 13 / ソフィア・アンティポリス, フランス

1997 Morristown

  • 1997-11-09 to 14 / モリスタウン, ニュージャージー州, 米国

1997 Cambridge

  • 1997-07-13 to 18 / ケンブリッジ, イングランド, 英国

1997 Nashua

  • 1997-03-09 to 14 / ナシュア, ニューハンプシャー州, 米国

1996 Kona

  • 1996-11-15 to 19 / コナ, ハワイ州, 米国

1996 Stockholm

  • 1996-07-07 to 12 / ストックホルム, スウェーデン

1996 Santa Cruz

  • 1996-03-10 to 15 / サンタクルーズ, カリフォルニア州, 米国

1995 Tokyo

  • 1995-11-05 to 10 / 東京, 日本

1995 Monterey

  • 1995-07-09 to 14 / モントレー, カリフォルニア州, 米国

1995 Austin

  • 1995-03 / オースティン, テキサス州, 米国

1994 Valley Forge

  • 1994-11 / バレーフォージ, ペンシルベニア州, 米国

1994 Waterloo

  • 1994-07 / ウォータールー, カナダ

1994 San Diego

  • 1994-03 / サンディエゴ, カリフォルニア州, 米国

1993 San Jose

  • 1993-11 / サンノゼ, カリフォルニア州, 米国

1993 Munich

  • 1993-07 / ミュンヘン, ドイツ

1993 Portland

  • 1993-03 / ポートランド, オレゴン州, 米国

1992 Boston

  • 1992-11 / ボストン, マサチューセッツ州, 米国

1992 Toronto

  • 1992-07 / トロント, カナダ

1992 London

  • 1992-03 / ロンドン, イングランド, 英国

1991 Dallas

  • 1991-11 / ダラス, テキサス州, 米国

1991 Lund

  • 1991-06 / ルンド, スウェーデン

1991 Nashua

  • 1991-03 / ナシュア, ニュージャージー州, 米国

1990 Palo Alto

  • 1990-11 / パロアルト, カリフォルニア州, 米国

1990 Seattle

  • 1990-07 / シアトル, ワシントン州, 米国

1990 Somerset

  • 1990-03 / サマセット, ニュージャージー州, 米国

1989 Washington, DC

  • 1989-12 / ワシントンD.C., 米国

参考文献